本日未明、Appleが提供するiPhone/iPadなどのiOSデバイス向けOSの最新バージョン、iOS11がリリースされました。

64bit

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

iPhone 5Sがリリースされた時、それは初めての64bitデバイスでした。

そこから4年、iOSのみならず、すべてのアプリケーションが64bitだけになりました。

iOS11からは64bitアプリのみ

iPhone 5Sがリリースされてから2年後の2015年、Appleは開発者に対してアプリケーションの64bit化を求めるようになり、32bitアプリケーションに対しては、起動時に『iPhoneの動作が遅くなる可能性があります』という警告メッセージを出すようになりました。

そして昨年のiOS10においては、『このAppは将来のiOSのバージョンでは動かない可能性があります』という警告メッセージに変更され、今回のiOS11では『AppをiOS11で動作させるには、デベロッパによるアップデートが必要です』というメッセージとともにアプリケーションが起動しなくなりました。

そうです。4年間の猶予期間を経て、ついに完全64bit化へ移行されたのです。

また、今回のiOS11の対応は、CPUにApple A7チップが搭載されたもの以上が対象ということになります。

64bitアプリを入手せよ

普段、スケジュールや業務管理などで使っている32bitアプリはiOS11へのアップデートとともに使えなくなってしまいます。

代わりの64bitアプリが提供されているかどうかなどを事前に調べ、iOSのアップデート後も支障なく使用できるよう準備されることをお勧めします。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る