昨今、Windows Live Mailの代わりとしてよく使われるメールソフト『Thunderbird』ですが、今年の8月にメジャーバージョンアップとなる『Thunderbird 60』がリリースされました。

Thunderbird 60.2.1(64ビット)

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

さて、私も愛用している『Mozilla』の『Thunderbird』ですが、52系の最終は52.9.1(32bit)までとなり、今後は60系がメンテナンスされていくことになります。

そして、これには未だ公開されていないものが存在します。

Thunderbird 60系で64bitが存在

今までもMozilla Thunderbirdは『earlybird』としてであれば64bit版が存在はしていました。

ただし、これはβ版より前のα版の扱いでのことです。

そして、今回のThunderbird 60においても公式サイトにてダウンロード可能なWindows版は32bit版のみとなっています。

しかし、このThunderbird 60にはリリース版としての64bit版が存在するようです。

Thunderbird 60.0 64bit 日本語

上記のリンクはMozillaのFTPサイトで、ここからThunderbird 60.0 Windows向け64bit版がダウンロードできます。

これをインストールしてみると『Program Files (x86)』ではなく『Program Files』にインストールされ、起動後に『Mozilla Thunderbirdについて』を確認すると『60.0(64ビット』なり、その後に更新を行うと現在の最新である『60.2.1』に更新されます。

(32bit版でも最新は60.2.1です。)

ただし、Thunderbird 60系にバージョンアップした段階で32bit版、64bit版を問わず使えなくなるアドオン(拡張機能)が出てくる可能性がありますので、使用しているアドオンの対応状況を確認した上でバージョンアップを行った方が良いでしょう。

ちなみに、『Thunderbird 60.2.1』は『Thunderbird 52』系統のユーザーに対しても自動アップデートとして提供されるとアナウンスされていたものの、実際には自動アップデートは行われませんでした。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る