現在、ウェブサイトのトップページなどにFlash(フラッシュ)コンテンツを導入している場合、今の段階から新しいフォーマットのものなどに変更されることをお勧めします。

Flash(フラッシュ)

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

先週、米Adobe Systemsが『Flash』の開発と提供を2020年末に終了することを発表しました。

では、これによってどのような影響があるのでしょうか?

Flashコンテンツは新しいフォーマットへ

2015年から2016年にかけて、Microsoft Edge、Google Chrome、Mozilla Firefoxの各ブラウザソフトはFlashコンテンツのブロックを開始しています。

つまり、現状においもブラウザの設定を変更しないとFlashコンテンツは表示されないようになっています。

これらの措置はFlashにおけるセキュリティ上の問題が多いことから行われており、結果、2020年末にはFlashの開発と提供を終了するということになったと思われます。

さて、そこで問題になるのがウェブサイトなどにおいてFlashコンテンツを導入しているケースです。

そのようなウェブサイトにおいては、各ブラウザにおける許可設定に関わらずFlashコンテンツが表示されなくなっていきます。

Flashの開発と提供が終了するということは、その後の脆弱性修正も行われなくなるため、ユーザーはFlash Playerをパソコン上などから削除していくことになり、Flash Playerを必要とするFlashコンテンツは表示されなくなるということになるわけです。

従って、現在Flashコンテンツを導入しているウェブサイトにおいては、HTML5やJavaScriptを用いたコンテンツなどに移植していく必要があります。

タイミングを見て、早い段階において新しいフォーマットのものに変更されることをお勧めします。

追伸:社内システムでFlashを使ったものが稼働している場合も同様のことが言えます。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る