ここのところ従来の予想よりも進んでしまっている円高基調に関して、海外旅行を計画している人は喜んでいるものの、輸出関連企業においては頭の痛い問題でもあります。

為替

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

今日現在、102円~103円の間で推移している対$為替相場ですが、輸入業を営んでいる企業にとっては喜ばしかったりしても輸出関連企業にとってはあまり歓迎されたものではありません。

為替の設定レートを修正

当初、対$為替レートは115円~118円程度で設定していた企業は多かったのではないでしょうか。

しかし、ここにきて100円~105年程度に修正する企業が相次いでいます。

これにより、ドル決済しているものに関しては損失が生じます。

例えば、$100で販売しているものであれば当初予定は11,500円~11,800円といった感じになったはずが、10,000円~10,500円になってしまう。

単純計算で、1,300円~1,500円程度のマイナスです。

当然相当な数を輸出しているわけですから、円換算にするとかなりの減収減益になります。

為替に影響されない経営体質

輸出関連大手各社も為替に影響を受けにくい経営体質への改善を目指してはいるものの、なかなかこれも難しい課題のようで、次期予想も減益予想のところが多いような気がします。

そして、結局のところは原価を見直し改善を図るといった方向で動いている感じで、そのしわ寄せは下請けや孫請けなどの中小企業に向けられるのではないでしょうか。

為替に影響されない経営体質とは、非常に難しい問題のような気がします。

為替が変動する限り。

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る