先月、Apache Struts2に深刻な脆弱性が発覚し、それを修正した更新版がリリースされました。

それを受け、JPCERTやIPAにおいても注意喚起が促されています。

ランサムウェア

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

昨日、米国のセキュリティ機関が、3月に発覚したApache Struts2の脆弱性を突いた攻撃事案が急増していることを報告しました。

Apache Struts2とは?

そもそもApache Strutsというのは、Apacheソフトウェア財団が開発したオープンソースのJava Webアプリケーションフレームワークの機能改良版です。

従って、サーバにてJava Webアプリケーションフレームワーク、Apache Struts2が使われていなければ今回の問題は無関係ですので無視して構いません。

ランサムウェアに悪用されてしまう

Apache Struts2を使っている環境においては直ぐに更新版をインストールする必要があります。

今回の脆弱性を突かれてしまった場合、悪用された場合にはリモートでコードを実行し、不正なスクリプトを通じてコンピュータにダウンロードされ、ファイルを暗号化してしまい、身代金を要求されることになります。

こういった、Windowsに対する攻撃に悪用される事例が多く発生しているようなのです。

この脆弱性の対象は、Apache Struts 2.3.5からStruts 2.3.31までと、Apache Struts 2.5-Struts 2.5.10までで、それぞれ、Apache Struts 2.3.32、Apache Struts 2.5.10.1へアップロードする必要性があります。

自社内サーバではなく、社外のレンタルサーバなどを使用している場合においては各社の対応状況を確認しておいた方が良さそうです。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る