先日、『Yahoo!』や『Bing』での検索において『確定申告』と検索すると、『確定申告/公式サイト!』などの偽サイトが表示される事象が発生しました。

偽サイト

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

いよいよ来週から確定申告期間に突入しますが、冒頭に書いた『偽サイト』が出没しているため注意が必要です。

確定申告などの偽サイトが掲載される

問題となった確定申告の偽サイトは『Yahoo!』や『Bing』での検索結果に表示される検索連動広告『Yahoo!プロモ―ジョン広告』で、通常の検索結果一覧よりも上部に表示されるものでした。

無意識にそれらをクリックすると何らかの情報を盗み取られてしまうなどの被害が発生します。

今回の場合、『確定申告』を検索ワードとするもの以外、『e-Tax』のワードにおいても『偽サイト』が表示されていたとされています。

これらの広告はヤフーよってすでに削除されてはいますが、『Yahoo!プロモ―ジョン広告』は審査が甘いということもあり、このような結果になってしまったとも言えます。

こういった『偽サイト』へ誘導するものはこれだけに限らず、『楽天市場』、『アマゾン』などの検索ワードでも偽物が出没しています。

今後もそれ以外のもので出没する可能性もあると思われますので、ブックマークしたものをクリックするなどして自己防衛することも必要でしょう。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る