Googleは、Google Ghromeユーザーから送信された使用統計情報を使ってHTTPS接続の普及状況を追跡した。

また現在、Google Chromeの利用率はMicrosoft Internet Explorerを抜いて1位のシェアがあり、全体の40%以上ものユーザーがいる。

HTTPS国別の使用状況

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

このブログにおいても何度か取り上げたウェブのHTTPS化に関して、少々興味深い記事を読みましたのでご紹介します。

それによると、『HTTPS ページの閲覧時間はウェブの利用時間の3分の2』に及んでいるのですが、国別の状況を見ると日本はそうでもありません。

HTTPS化に対する意識の低さ

国別の状況を見ると、日本においては他国の1/2程度しかHTTPS経由で読み込まれていません。

実際には、他国が43%~60%程度にまで普及してきているのに対し、日本では21%~32%程度にとどまっています。

これは世界的に見て非常に低い数字で、昨今さまざまなウェブに対する脅威が急増している中、やはり日本においては遅れをとっている感が否めません。

これは日本人の安全性に対する配慮が不足している気もします。

ユーザーファーストであれ

HTTPS化を行うにあたっては当然対応コストがかかりますが、それに対して中小企業や小規模事業者においてはHTTPS化の予算が確保できないのかもしれません。

しかし、ユーザーのプライバシー保護の観点からしても非常に重要なことであるため、是非ともHTTPS化への対応を進めていただきたいものです。

また、GoogleがHTTPSページをHTTPページよりも優先表示することに取り組んでいるのも、ウェブページであってもユーザーファーストでなければならないことからでしょう。

この先、ChromeブラウザはHTTPサイトへの警告表示も予定しています。

となると、それに直面したユーザーへのイメージは悪くなることになります。

今からでも遅くありません、HTTPのままであるウェブサイトは1日も早くHTTPS化されるようお勧めします。

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る