『最近やたらと海外からのアクセスが多くなったのでアクセスを拒否したい。』なんて思ったことはありませんか?

ブロック

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

先日投稿したGoogle Analyticsでのスパムの記事の最後に、『Google Analyticsにてフィルタリングする方法とは別の方法もありますが、それはまたの機会にお伝えできればと思います。』とお書きしました。

今日はそれを取り上げてみたいと思います。

海外からのアクセスをブロックする

海外からのアクセスをブロックしたい場合、Google Analyticsなどのアクセス解析上でのフィルタリングだけではなく、そもそものアクセスを拒否してしまう方法もあります。

それには.htaccessなどの中に少々アクセス制限を加えることになります。

例えば、ロシアと中国からのアクセスを拒否したい場合の例として、以下のように記述します。

GeoIPEnable On
GeoIPDBFile /path/to/GeoIP.dat
SetEnvIf GEOIP_COUNTRY_CODE CN BlockCountry
SetEnvIf GEOIP_COUNTRY_CODE RU BlockCountry
Deny from env=BlockCountry

ただし、これはGeoIPという位置情報を取得するためのモジュールがサーバにインストールされている場合に限ります。

これが使えない場合、Geo Liteという同じようなモジュールなら使える場合があります。

その場合は以下のように記述します。

SetEnvIf MM_COUNTRY_CODE CN BlockCountry
SetEnvIf MM_COUNTRY_CODE RU BlockCountry
Deny from env=BlockCountry

また、これらのいずれも使えない場合にはIPアドレスをブロックするか、もしくは許可するIPアドレスだけを記述することなら大半のレンタルサーバにて可能です。

プロキシ経由などのアクセス

しかし、これらの方法は一定の効果はあっても完全ではありません。

CN(中国)やRU(ロシア)などの国コードにはIPアドレスが紐づいており、それらの物理的な場所が第三国になっていた場合もあったりしますし、プロキシ経由にてアクセスされてしまえばアクセスは可能になってしまいますので、ある一定レベルのものを制御するという認識の下で行った方が良いかもしれません。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る