中小企業・小規模事業者において生産性向上のための設備投資などを行い、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合における助成金として、業務改善助成金というものがあります。

業務改善

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

今日は、中小企業・小規模事業者の生産性向上のための取組を支援する助成金、業務改善助成金をご紹介します。

業務改善助成金の概要

業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引上げを図るための制度です。
生産性向上のための設備投資(機械設備、POSシステム等の導入)などを行い、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の一部を助成します。

支給対象者と支給の要件

<支給対象者>

全国47都道府県に事業場を設置しており、事業場内最低賃金が1,000円未満の中小企業・小規模事業者が対象となります。

※ 引き上げる賃金額により、支給対象者が異なります。

<支給の要件>

1.賃金引上計画を策定すること

事業場内最低賃金を一定額以上引き上げる(就業規則等に規定)

2.引上げ後の賃金額を支払うこと

3.生産性向上に資する機器・設備などを導入することにより業務改善を行い、その費用を支払うこと

(単なる経費削減のための経費、職場環境を改善するための経費、社会通念上当然に必要となる経費を除く)

4.雇用、賃金引下げ等の不交付事由がないこと  など

※ その他、申請に当たり必要な書類あり

助成額

1.現行コース

申請コース区分助成対象事業場引上げ額助成率助成の上限額
60円コース事業場内最低賃金が1,000円未満の事業場60円以上1/2
(常時使用する労働者数が企業全体で30人以下の事業場は3/4)
100万円

2.引上げ額選択コース

申請コース区分助成対象事業場引上げ額助成率助成の上限額
30円コース事業場内最低賃金が750円未満の事業場30円以上7/10※
(常時使用する労働者数が企業全体で30人以下の事業場は3/4※)
※別途定める生産性要件を満たした場合は、3/4(4/5)
50万円
40円コース事業場内最低賃金が800円未満の事業場40円以上70万円
90円コース事業場内最低賃金が800円以上1,000円未満の事業場90円以上150万円
120円コース120円以上200万円

導入例

・POSレジシステム導入による在庫管理の短縮

・リフト付き特殊車両の導入による送迎時間の短縮

・インターネット受発注機能があるホームページの作成による業務の効率化

・顧客・在庫・帳票管理システムの導入による業務の効率化

・専門家による業務フロー見直しによる顧客回転率の向上  など

以上のような感じになっています。

また、過去に業務改善助成金を受給したことのある事業場であっても助成金対象とることと、人材育成・教育訓練費、経営コンサルティング経費も助成対象になりますので、是非、積極的に業務改善に取り組んでみて下さい。

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る