先日、『パーミッションの設定を見直す』という記事にて、安全性を考慮してパーミッションの設定を見直すことをお勧めしました。

パーミッションの変更

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

先日の記事では、パーミッションをできるだけ安全なものに設定しておくべきであることをお話ししましたが、今日は、それを一括して簡単に設定変更する方法をご紹介します。

パーミッションを一括設定変更する

パーミッションを設定する際、階層ごとにディレクトリやファイルを別々にパーミッション指定したりするのは非常に時間と手間がかかったりします。

そこで、コマンドを使って一括で設定変更する方法をご紹介します。

例えば、exampleディレクトリの中のディレクトリのパーミッションをすべて705(rwx—r-x)に変更したい場合、

find ./example/ -type d -exec chmod 705 {} \;

同ディレクトリ内のファイルのパーミッションをすべて604(rw—-r–)に変更したい場合、

find ./example/ -type f -exec chmod 604 {} \;

これで一括して設定を変更することができます。

また、拡張子を指定したパーミッション変更を行いたい場合は(.phpを604にしたい時の例として)、

find ./example/ -name \*.php -exec chmod 604 {} \;

これで.phpの拡張子がついたファイルのみが一括で設定変更されます。

ちなみに、一部のFTPソフトにおいては同様のことを行うことができますので、FTPソフトを使って行うという方法もあります。

ご参考までに。

注:パーミッションを間違ったものに設定してしまうと正常に動作しなくなりますので、くれぐれも慎重に行ってください。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る