Google Chromeの現在のバージョンは69。そして、来月リリース予定のGoogle Chromeは『Chrome 70』となります。

このGoogle Chrome 70において、また新しいものが導入されるかもしれません。

指紋認証

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

来月、Googleのブラウザ『Chrome 70』がリリース予定となっていますが、この『Chrome 70』においては以前にご紹介した通り、『HTTPサイトに対する警告表示』が『赤字』で『!保護されていません』と表示されます。

しかし、これに限らず他の機能も追加になるようです。

Chrome 70は指紋認証に対応する

Google Chrome 70で導入される新しい機能とは、各ウェブサイトへのログインに対して『macOSのTouch ID』や『Androidの指紋センサー』が使えるようになる。

つまり、二段階認証の承認プロセスとしてそれが使えるようになるということになります。

ただし、WindowsやiOSデバイスにおいてそれが可能かどうかは不明です。

(触れられていませんでした。)

この機能の導入により、パスワードやクレジットカード情報の入力などがより安全な状態となるため、また一歩前進といったところではないでしょうか。

Google Chromeに限らず、セキュリティに対する意識は高まっています。

高まっていないとすればユーザー側の意識かと思われますので、もう少しずつでもセキュリティに対する意識を高めてもらえることを願うばかりです。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る