マルウェアとは、不正かつ有害に動作させる意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称で、コンピュータウイルスやワームなどがある。

CMS

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

数日前、あるアメリカの企業が公開した『Hacked Website Report 2017』によると、2017年に最もマルウェア感染したウェブサイトには、よく使われるあるCMS(Content Management System / コンテンツマネージメントシステム)が使われていました。

マルウェア感染が最も多かったCMSとは

既にこの時点で気付かれた方も多いでしょう。

WordPress、Drupal、Movable Type、Joomla!、Magento、XOOPSなど、さまざまなCMSが存在していますが、2017年に最もマルウェア感染が多かったのは、WordPressを使って構築されたウェブサイトです。

その割合は、実に83%にも及んでいます。

これに続き、Joomla!の13.1%、Magentoの1.6%となっています。

現在、世界的なCMSのシェアは、

1.WordPress:60%

2.Joomla!:6.4%

3.Drupal:4.6%

4.Magento:2.5%

などとなっていますが、日本におけるCMSのシェアは、WordPressが84.5%という圧倒的な人気の高さとなっています。

さて、この圧倒的な人気を誇るWordPress、使われているサイトが多い分マルウェアに感染する率も高いわけですが、他のCMSに比べてバージョンアップがしっかりしているWordPressへの攻撃が何故ここまで高いのでしょうか?

それは、脆弱性を抱えたままの状態になっているWordPressサイトが多いのでしょう。

WordPressはデフォルト(初期値)でマイナーアップデートは自動で行われる設定になっていますが、メジャーアップデートは自動では行われない設定になっています。

これを長期に放置した場合、脆弱性の塊りのようなサイトになってしまうことにもなります。

『うちは業者に任せてあるから問題ない!』と高を括っている事業者の方、それらすべてが保守契約の中に含まれていますか?

自分勝手に、『そんなものは保守に入っていて当り前!』と思ってはいけませんし、保守契約をしていないのであれば当然それは行われません。

これらを念頭に置き、今一度自社(自店)のウェブサイトがどのような状況になっているかをチェックしてみることをお勧めします。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る