OS利用シェアにおいて未だ4割近いシェアのある『Windows 7』、2020年1月14日には延長サポートが切れる、いわゆる『2020年問題』が発生します。

windows 7

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

企業ユーザーはまだまだWindows 7が非常に多く残っています。

それを考慮した形でMicrosoft(マイクロソフト)がこんな発表をしました。

Windows 7が有償で2023年1月までサポート

Microsoftは、2020年1月におけるWindows 7の延長サポート終了では企業ユーザーにおいて問題が発生する判断をしたのでしょう。

一部のユーザー限定で、Windows 7の延長サポート終了後も『有償』でサポートを継続すると発表しています。

『Windows 7 Extended Security Updates(ESU)』という名称がついています。

対象は、『Windows 7 Professional』もしくは『Windows 7 Enterprise』をボリュームライセンスで導入しているユーザーで、Windows 7 ESUによるアップデートを提供するとされています。

ただし、最終的には『Windows 10』以降の新OSに乗り換えることが前提で、1年ごとに料金は高くなり、デバイスごとにチャージが掛かります。

2020年1月14日の段階において『Windows 10』への移行が完了できない場合、条件が当てはまれば一応回避策はあるということにはなります。

(『Windows XP』の延長サポート終了時にも同じような措置がありました。)

しかし、何とか移行が間に合わせることができるのであれば、通常の延長サポート期限までに移行される方が良いのではないでしょうか。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る