何度かお伝えしている脆弱性を突いたサイバー攻撃はさまざまな被害をもたらしていますが、大半の被害は1つのものであったとも言えます。

サイバー攻撃

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

今日は、ウェブサイトなどへのサイバー攻撃による被害状況をお伝えします。

サイバー攻撃による被害の実態

ウェブサイトなどへのサイバー攻撃による被害の内訳として一番多いのは『情報漏えい』で、実に全体の70%を超える割合となっています。

これは、WordPressなどのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)の脆弱性やそこで使われるプラグインの脆弱性、Webアプリケーションの脆弱性を狙ったものなど、何らかの脆弱性を突かれたものです。

そして、被害状況として一番多い『情報漏えい』の中でも、業種的には『卸売り・小売り』、『情報通信サービスプロバイダ』が50%以上を占めており、個人情報を取り扱うことの多い業種にターゲットが設定されていることが多いようです。

他における被害の状況としては、

・Webの改ざん

・不正アクセス

・スパムメール送信

・不正ファイルの設置

・DDoS攻撃の踏み台

などがあります。

サイバー攻撃への対策

これらのサイバー攻撃への対策として、まずは情報に敏感になることです。

常に最新の情報を収集し、脆弱性があることがわかったら直ぐに対応を行うことが重要になってきます。

また、レンタルサーバにおいても、WAF(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール)などのオプション追加するなど、外部からの攻撃に備えた施策を施しておくことも重要と言えるでしょう。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る