電子マネーというと『Suica』などの交通系ICであったり、『WAON』などの買い物系プリペイドを想像する人が多いかもしれませんが、それ以外にも便利なものが存在します。

ICカード

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

冒頭で触れた電子マネーには、プリペイド式電子マネー(先払い型)の他に、ポストペイ式電子マネー(後払い型)があります。

今日は、この電子マネーのポストペイ式電子マネー(後払い型)に関して少し触れてみたいと思います。

プリペイド式とポストペイ式の違い

プリペイド式(先払い型)とポストペイ式(後払い型)を比較すると、以下のような感じになります。

チャージ支払いセキュリティポイント
プリペイド式(先払い型)事前にチャージチャージ残高から所有者がわかるもののみ補償ポイント設定は別途必要
ポストペイ式(後払い型)チャージが不要クレジットカード決済紛失・盗難時の保険適用ありクレジットカード付帯のポイント

さて、ここで何が言いたいか?と言いますと、使う側からすればポストペイ式(後払い型)は非常に便利なものであるということです。

いちいち現金をチャージする必要もなければ、紛失・盗難時の保険適用もある。

そして、クレジットカード付帯のポイント還元がそのまま使える。

いずれもプリペイド式(先払い型)よりメリットがあるように感じます。

店舗などでにおける活用

さて、ここからが本題です。

このポストペイ式(後払い型)のカードなどは非常にシンプルなものです。

カードなどの中にあるICチップの中には、ユーザー用の一意のコードが入っているだけです。

それ以外はセキュリティに守られたセンター内のサーバに、紐づけられたクレジットカード情報などの個人情報が保管されています。

その状態で買い物などが可能なわけです。

つまり、現金もクレジットカードも所持していなくてもポストペイ式電子マネーを所持していればいいわけで、お財布は必要ないということになります。

世の中には『おサイフケイタイ』というものがありますが、その機能が搭載された携帯やスマートフォンを持っている人ばかりではありません。

それと同じことが可能になるとすればどうでしょうか?

こういったものの導入をすることで何かしらの変化が生まれる可能性もありますし、これらを応用することで何かが生まれるかもしれません。

一度考えてみるのも良いでしょう。

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る