2017年10月10日(日本時間)、Microsoft(マイクロソフト)が提供しているオフィスソフト『Office2007』の延長サポートが終了します。

ご注意!Office2007サポートが終了します!

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

2017年4月11日(日本時間)に『Windows Vista』の延長サポートが終了し、今度は『Office2007』の延長サポートが終了します。

では、これによってどのような影響があるのでしょうか?

Office2007 延長サポート終了の影響

Office2007は、先月末の時点で日本国内ユーザーの8.6%、約12人に1人の割合で使われています。

つまり、延長サポート終了間際においてもアップグレードなどの対処をしていない方々がそれだけいるということです。

これは、Windowsと同じように新たな脆弱性が発見されたとしても更新プログラムが提供されず、このまま使用を続けることはセキュリティ的なリスクを負い、脆弱性を突かれてPCの乗っ取りや機密情報の漏えいなどの被害を受ける可能性を意味します。

速やかな移行のススメ

このような脆弱性を抱えたOSやアプリケーションを使い続けることは、自社のみならず他社(他者)をも被害に巻き込む可能性を秘めています。

中小・零細企業、小規模事業者にとってはソフトウェアライセンスの更新問題は負担が大きい場合もありますが、事が起きてからではそれに対処する方が大きくもなります。

そういった事態を避けるためにも、正式にサポートが継続されているものへの速やかな移行をお勧めします。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る