ここ最近、宅配業者『佐川急便』をかたるSMS(ショートメッセージサービス)から偽のサイトに誘導され、スマートフォンに不審なアプリがインストールされてしまう被害が急増しているようです。

それを受け、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)では被害に遭わないための対策を公開しています。

偽SMS急増中につき注意!

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

冒頭で書いた件は7月中旬から急増しており、相談件数も多くなっているようです。

今日はその件に関してお伝えします。

佐川急便を騙る偽SMSに注意

まず、どのような流れで不審なアプリがインストールされてしまうのか?

ステップ1:偽の不在通知のSMSが送られてくる

ステップ2:偽のSMSに記載のURLにて偽サイトに誘導させる

ステップ3:偽サイト内のどこかをタップするだけで不審アプリがインストールされてしまう

概ねこのような流れで被害にあってしまいます。

ただし、不審なアプリがインストールされてしまうのはAndroid端末においてで、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスにおいては不審なアプリがインストールされることはありません。

そこで対策です。

1.不審なSMSのURLをタップしない

2.セキュリティ設定において、『提供元不明のアプリ』を『オフ(許可しない)』にしておく

この2つが重要です。

この不審なアプリがインストールされてしまった際の影響は結構大きく、以下のようにスマートフォンを不正に操作されるなどの可能性があります。

端末のステータスとIDの読み取り
電話番号発信
発信先の変更
テキストメッセージ(MMS)の受信
テキストメッセージ(MMS)の送信
テキストメッセージ(SMSまたはMMS)の読み取り
テキストメッセージ(SMSまたはMMS)の編集
SMSメッセージの送信
録音
連絡先の読み取り
SDカードのコンテンツの読み取り
SDカードのコンテンツの変更または削除
画面ロックの無効化
この端末上のアカウントの検索
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示
ネットワーク接続の変更
Wi-Fiからの接続と切断
Wi-Fi接続の表示
起動時の実行
実行中のアプリの取得
他のアプリの終了
他のアプリの上に重ねて表示
端末のスリープを無効にする
音声設定の変更
ステータスバーの拡大/縮小

被害にあってしまった場合の対処としては、

1.スマートフォンを機内モードにする

2.不審アプリをアンインストール(削除)する

3.スマートフォンを初期化する

4.スマートフォン内で利用しているサービスのアカウント、パスワードの変更をする

5.契約している携帯キャリアに不正な請求がないか確認をする

このようなことが必要です。

Androidユーザーの方、くれぐれもご注意を!

<参考>『IPA 安心相談窓口だより

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る