先月リリースされたWindows10の最新バージョン『Fall Creators Update(Ver.1709)』ですが、まだ、それなりに問題を抱えていそうです。

サインイン

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

Windows10には、『Windows Hello』というサインインオプションがあり、それを使うことによって顔認証や指紋認証でサインインすることができます。

しかし、この『Windows Hello』に対応しているデバイスでない場合にはそれが使えません。

その場合、他のソフトウェアを使って顔認証や指紋認証を可能にすることもできますが、『Fall Creators Update(Ver.1709)』においては何か問題が発生しそうです。

Fall Creators Updateでの問題とは

Windows 10を『Fall Creators Update(Ver.1709)』にアップデートした場合、顔認証ソフトに記録されている自身の認証用データが消えてしまう場合があります。

原因が何であるかはわかりませんが、『Windows Hello』に対応していないデバイスで、サードパーティー製の顔認証ソフトを使用している場合、顔認証用に記録されているデータが消えてしまうことがあります。

これは、『Fall Creators Update(Ver.1709)』にアップデートした直後に一度起こり、その後少し日が経過した後にも起こる可能性があります。

再度顔認証用データを設定し直しすることで正常に使用できるようにはなりますが、一部のデータが消失するというのは不思議な現象です。

こういった現象が出てしまった場合、当面は再設定を行うことで顔認証を可能にするしかなさそうです。

ご参考までに。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る