先月の中旬、『Chrome68は非HTTPSに警告』という記事にて、7月にリリース予定の『Chrome 68』から、非HTTPSのページに対して全面的に警告表示が行われることをお伝えしました。

Firefox Quantum

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

GoogleがHTTP接続サイトすべてに『安全ではない』という警告表示を出すことは既にお伝えしている通りですが、それはGoogle Chromeに限った話しではありません。

Firefoxも非HTTPSには警告を出す

HTTPSでの接続を推奨してきたのはGoogleに限った話しではなく、Mozillaにおいてもそういった動きは以前からありました。

そして、Mozillaのブラウザ『Firefox』においても、Googleの『Chrome』と同様の警告機能が実装されるようです。

現在、Firefox Quantumはバージョン59ですが、次のバージョン60においては設定変更することによってその機能が有効になるところまできています。

つまり、近いうちにFirefoxにおいても『安全ではない(Not Secure)』の表示はされます。

おそらく表示される位置はChromeと同じ、URLが表示されるアドレスバーの先頭になるでしょう。

Firefox Quantumがリリースされて以降、ケースによってはChromeよりもパフォーマンスが良いとの評価があり、Firefox Quantumに乗り換える人も出てきているようです。

これらから考えても、ChromeユーザーとFirefoxユーザーを合わせたシェアはかなり多いことは間違いありません。

もう、ウェブのHTTPS対応は待ったなしといった状況にあります。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る