Firefoxに対応している法人向けインターネットバンキングは、対応していても、セキュリティ修正だけを長期継続する延長サポート版(ESR版:Extended Support Release)への対応に留まっている銀行が大半です。

Firefox

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

多くの銀行における法人向けインターネットバンキングはMicrosoftのブラウザ、IE(Internet Explorer)への対応が中心ですが、IT以外のブラウザ対応としてMozillaのブラウザ、Firefoxに対応していることがあります。

しかし、これも法人向けに延長サポートを行っているESR版に限ってという条件があり、通常のバージョンに対しては対応していないことが大半です。

では、通常のバージョンを使いつつ、インターネットバンキング用としてESR版、どちらも使いたい場合はどのようにしたら良いのでしょうか?

Firefoxの複数のバージョンを同居させる方法

まず、1つの例としてFirefoxの通常版は既にインストールされていて、もう1つFirefox ESR版をインストールしたいということを想定した例を明します。

1.Firefox ESR版のインストーラをダウンロードします

2.Firefox ESR版をインストールします

注1.この時、セットアップの種類は『カスタムインストール』を選択

注2.既存のFirefoxとは別のフォルダにESR版をインストールする(例:C:\Program Files (x86)\Mozilla Firefox ESR\)

注3.Firefoxアイコンの作成先は『デスクトップ』、『スタートメニューのプログラムフォルダ』、ともにチェックを外す

注4.『Firefoxを規定のブラウザとして使用する』のチェックを外す

注5.『今すぐFirefoxを起動』のチェックを外して完了する

3.Firefox ESR版用のプロファイルを追加します

⇒ファイル名を指定して実行から『firefox -p』と入力して『OK』

4.新しいプロファイルを作成します(例:ESR)

5.Firefox ESR版を起動するショートカットを作成します

⇒Firefox ESR版をインストールしたフォルダを開き、firefox.exeを右クリックしてショートカットを作成

6.Firefox ESR版のショートカットに対して起動オプションを付与します

⇒ショートカットのプロパティからリンク先を編集

(編集前:”C:\Program Files (x86)\Mozilla Firefox ESR\firefox.exe”)

(編集後:”C:\Program Files (x86)\Mozilla Firefox ESR\firefox.exe” -no-remote -p “ESR”)

以上のようにすることで、複数のバージョンのFirefoxを使うことができるようになります。

興味のある方はお試しください。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る