先日の5月21日(米国時間)にMozillaのブラウザ『Firefox 67』がリリースされましたが、そのバージョンからプロファイルの仕様に変更があったようです。

Firefox 67から専用プロファイル

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

さて、ウェブブラウザにMozillaの『Firefox』を使われている方で、複数のエディションを並行して使われている方には朗報かもしれません。

プロファイルの仕様に変更があり、従来よりも楽なものになりました。

Firefoxのプロファイル仕様が変更に

先日リリースされた『Firefox 67』からプロファイルの仕様に変更があり、『Nightly』、『Beta』、『Developer』などの複数のエディションで共有する仕様になっていたプロファイルがそれぞれに独立します。

つまり、各エディションにおいて専用のプロファイルが用意されるようになったのです。

そのため、従来ではプロファイル管理用のコマンド『firefox.exe -p』を使って作成や管理を行わなければいけなかったものが不要になります。

『Nightly』、『Beta』、『Developer』だけであればあまり事業者的には関係のない話しになりそうですが、この仕様は法人向け長期サポート版である『Firefox ESR』においても変更が行われる予定になっています。

(現在は未対応のため、おそらく次のメジャーバージョンアップで対応されます。)

また、各エディション間でのユーザーデータは『Firefox Sync』を使えば同期させることもできるようです。

ご参考までに。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る