グループウェアは随分昔からありますが、未だに活用していない事業者も存在します。

しかし、今はモバイルデバイスを持ち歩く時代。いつでもどこでも使えるグループウェアの

導入を検討してみてはいかがでしょうか?

グループ

皆さん、こんにちは。

業務コンサルタントの高橋です。

グループウェア、昔は少々コストをかけて導入しなければいけませんでしたが、今の時代は

無料で利用できるサービスもあるくらいです。

しかし、残念なことにこういった便利なツールを活用していない事業者が未だに存在する

のも事実です。

例えば、私も使わせてもらっているサイボウズ社の『サイボウズLive』は無料で利用する

ことができ、次のような機能を備えています。

基本的な機能として、招待されたメンバーだけで情報共有ができるグループスペースが

簡単に作成可能で、1つのグループに300人まで参加可能。プラス、このグループは無料で

いくつでも作成できます。

また、グループの主な機能としては、共有フォルダ、掲示板、スケジュール登録・共有、

ToDoの共有などを備えていますので、小規模事業者であればこれでかなりの情報共有を

図ることができます。

このサービスはクラウドサービスですので、ウェブブラウザーから簡単にアクセスでき、

全画面SSL通信で暗号化されているので、業務用途としても安心して利用可能です。

さらに、スマートフォン向けには専用アプリ、フィーチャーフォン向けには専用画面が

用意されていますので、外出先からでも簡単にアクセス可能です。

いかがでしょうか?

無料のクラウドサービスでもこれだけ使える便利なツールが用意されているのです。

もちろん他のサービスを選択されても良いと思いますが、ここで言いたいことは、

『手軽で便利な情報共有ツールがあるのでもっと活用しましょう!』ということです。

小規模であってもこれらを使うことで、外部の方から電話があった際など、即座に

スケジュールを見て帰社時間などを回答することなどもできます。

そして、今どういったステータスにあるのか?などを含め、情報を共有することが

できることは非常に重要なことです。

未だ使われていない事業者の方、是非活用してみてください。

参考までに、サイボウズ社のサイボウズLiveのウェブサイトを記載しておきます。

>>サイボウズLive

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る