足腰の強い経済を構築するため、中小企業・小規模事者等における生産性向上に資するITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入するための事業費等の経費の一部を補助することにより、中小企業・小規模事業者等の生産性向上を実現することを目的とした事業(以下「サービス等生産性向上IT導入支援事業」という。)を実施する事務局の公募を行う。

平成31年1月25日付 経済産業省ホームページより

IT導入補助金

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

現在、経済産業省では、平成29年度補正予算『サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)』の事務局公募を行っています。

そして、事務局が決定した後、昨年から始まった『サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)』に関連する公募が順次スタートしていく予定です。

では、今回の概要を見ていきましょう。

平成30年度IT導入補助金の概要

前回、補助上限額が前々回の100万円に比べて50万円と減少したのですが、今回は補助上限額が『450万円』まで大幅にアップされました。

(今回の下限額は40万円)

しかし、補助率は前々回の2/3以内に対して前回は1/2以内と減少し、今回も前年同様1/2以内のままです。

単純に上限額で計算すると、前回は投資額100万円に対して自己負担、補助金ともに50万円でしたが、今回は投資額900万円に対して自己負担、補助金ともに450万円ということになります。

しかし今回、『ものづくり・商業・サービス経営力向上⽀援事業』、『小規模事業者持続的発展支援事業(小規模事業者支援パッケージ事業)』、『サービス等生産性向上IT導入支援事業』の3つが『中小企業生産性革命推進事業』としてまとめられ、昨年度の3つの事業の予算は合計1,620億円であったのに対し今回の予算総額は1,100億円と500億円も減額になっていることから、『IT導入補助金』は狭き門となる可能性が高いかもしれません。

前回、前々回ともに、私どももIT導入支援事業者として補助事業者をご支援させていただきました。

今回もご縁があれば同じ方向性で考えております。

ただし、現時点においては事務局の公募段階で、IT導入支援事業者の公募は未だ行われていなく、そのIT導入支援事業者は毎年度ごとに採択された事業者でなければご支援できないため、またその時になりましたらアナウンスさせていただく予定でおります。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る