現在、ウェブブラウザのシェアそのものはGoogleのChromeブラウザがトップですが、業務上、やむを得ずIE(Internet Explorer)を使わなければいけないケースも多く存在します。

ブラウザ 今から準備を!

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

さて、今日はMicrosoftのブラウザ『IE(Internet Explorer)』に関する話題です。

Microsoftは現在、『IE(Internet Explorer)』と『Microsoft Edge』の2つのブラウザを提供しています。

しかし、永久に2つのブラウザをサポートし続けるということはないはずですので、どこかのタイミングで『Edge』のみのサポートになっていくことでしょう。

では、『IE(Internet Explorer)』はいつまでサポートされるのでしょうか?

IEはいつまでサポートが提供されるのか

Microsoft はIE(Internet Explorer)のサポート期限などに関してはコメントを出していません。

しかし、Microsoftは公式ブログにてこのようにコメントしています。

2014年の8月7日にInternet Explorerのサポートポリシー変更を発表しました。この変更により、2016年1月12日をもって各OS上で動作する最新バージョンのInternet Exploreのみがサポート対象となりましたが、それから2年半が経過しました。

また、2015年7月29日にWindows 10をリリースしてから、つまり、Windows 10用の新しい既定のWeb ブラウザーとして「Microsoft Edge」の提供を開始してから、3年が経とうとしています。

<中略>

現在のWebアプリケーションが古いブラウザーであるInternet Explorer固有の機能に依存している状態であれば、そうした依存性を無くし、最新のブラウザーであるMicrosoft Edgeで閲覧できるように見直していただくことを、今からご検討いただくようお伝えをしていくことが、私たちサポート チームの使命と考えています。

公式ブログを読む限りでは『IE(Internet Explorer)』のサポートは当面継続されるものと思われますが、終了を模索していることも事実であると言えます。

これらのことを考えると、今の段階から『Microsoft Edge』、『Google Chrome』、『Mozilla Firefox』あたりへの対応を考えておく必要性があるのではないでしょうか。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る