以前の記事で、通信の暗号化をされていないHTTPから、暗号化されたHTTPSへ移行する

傾向にあるとお話ししましたが、これに関してSEO的にはどうなのでしょうか?

過去の記事はこちらから»今後のWEBはhttpからhttpsへ

SEO

皆さん、こんにちは。

業務コンサルタントの高橋です。

まだ大半のウェブサイトはhttpからはじまる暗号化通信を採用していないものですが、

これがhttpsではじまるSSL暗号化通信を採用したウェブサイトにすることでSEO的には

どうなのか?ということが気になる方もいらっしゃるかもしれません。

答えとして、SEO的にプラス要因になることは間違いありません。

実際にグーグル社もランキングのアルゴリズムにそれを採用することを昨年の段階で

決定しています。

また、グーグル社のスタッフも下記のようにコメントしています。

If you’re an SEO and you’re recommending against going HTTPS, you’re wrong and you should feel bad.

これは、SEOに関わる立場でHTTPS化を反対するのであれば、それは間違いで後悔する

ことを意味しています。

この発言をしたグーグルのスタッフは、HTTPSをランキング要因とするアルゴリズムを

作った本人です。

他の記事を見ている限りでは、これらは絶対ではないとコメントしている方もおられますが、

私個人としては絶対に近いものがあり、徐々にその方向にシフトしていくと考えています。

理由は簡単です。

ウェブサイトへの訪問者に対して良い施しであり、実際に訪問者が安全に閲覧できるように

なるのですから、それを行っていないウェブサイトと比較した場合、有利に働くのは

ごく自然な話しだと思います。

今から直ぐに実行するというのはなかなか難しいかもしれませんが、先々HTTPSへの移行を

視野に入れておいた方が良いでしょう。

 

注:SSL暗号化通信に関しては、SSL及びTLSと解釈してください。

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る