ビジネスツールとしての必須アイテムである『Excel』において、一部が手計算になってしまっていたり、何となく回りくどいやり方になっていることはありませんか?

ExcelのIF関数

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

さて、今日は皆さんがよく使われる『Excel』に関してです。

何らかの値を求める際、条件に応じて分岐したい場合はどのようにされていますか?

Excelで条件分岐する際にはIF関数

例えば、セルの値が『100』未満の場合は『A』、そうでない場合は『B』といった条件の結果を一発で求めたいケースは結構多いと思います。

そのような場合、『IF』という関数を使って簡単に結果を求めることができます。

=IF(セルの値<100,A,B)

このように書きます。

これをもっと具体的に書くと以下のようになります。

ケース1:セルA10が100未満であればセルB10の値を、そうでない場合はセルC10の値

=IF(A10<100,B10,C10)

ケース2:セルA10が100未満であればセルB10に0.5を乗じた値を、そうでない場合はセルC10に0.45を乗じた値

=IF(A10<100,B10*0.5,C10*0.45)

ケース3:セルA10が100未満であれば“×”を、そうでない場合は“○”を

=IF(A10<100,"×","○")

(文字列を指定する場合は半角の『”(ダブルクォーテーション)』で囲みます。)

このようになります。

少しおまけ的な話しにはなりますが、Excel2016以降であれば複数の条件で異なる結果を求めるための『IFS関数』が使えますので便利です。

(Excel2016より前のバージョンの場合はIF関数の中にさらにIFを使った条件を指定します。)

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る