WordPressなどのCMSを使ってウェブサイトを構築している事業者は多く見受けられますが、これからはさらにパフォーマンスが求められる時代になる可能性が高いです。

php

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

以前、昨今のウェブ事情はパフォーマンス、つまり快適な表示スピードが求められる時代であることを記事に書かせていただいたかと思いますが、今後はそれがさらに求められる可能性が高くなっていきます。

その理由は簡単で、表示速度が遅いウェブサイト(ウェブページ)は誰しもが直ぐに離脱してしまうことにあります。

そこで、今日はWordPressを動かすプラットフォームのお話しをさせていただきたいと思います。

PHPのバージョン選択

以前にも『PHPを使う際のレンタルサーバ』の記事の中でPHPに関しては書かせていただきましたが、PHPは5.×.×よりもPHP7.×.×の方がパフォーマンスが良いです。

PHP5.6.×とPHP7.0.×を比較した場合、かなりのパフォーマンス向上が見られることがわかりました。

また、ここ最近ではPHP7.0.14とPHP7.1.0が12月にリリースされ、前者と後者では、後者の方が若干ではあるものの、さらにパフォーマンス向上がなされています。

これらから考えると、契約しているレンタルサーバにPHPのバージョンの選択肢があるのであればPHP7.1.0を選択することが一番良いパフォーマンスが望めます。

※ WordPressはPHP7に対応していますので、最新のWordPressを使われているのであれば正常に動作します。

モジュール版、FastCGI版、CGI版

さらに、PHPにおいてはモジュール版、FastCGI版、CGI版、3つの提供方法がありますが、これらのパフォーマンスは、同一バージョンであればモジュール版、FastCGI版、CGI版の順になりますが、バージョンが異なる場合においてはその限りではありません。

PHPのバージョンが5.×.×であるならば、それがモジュール版として提供されていたとしてもPHP7.×.×のCGI版の方がパフォーマンスが良いです。

それだけPHP7はパフォーマンスが向上したということです。

まとめますと、PHP7.1.0CGI版 > PHP7.0.14CGI版 > PHP5.6.29モジュール版ということになります。

ちなみに、PHP7.1.0CGI版 < PHP7.0.14モジュール版(FastCGI版)ということになる可能性はあります。

是非試してみて下さい!

注:必ずテスト環境にて動作を確認し、問題ないと判断された時点で本番環境の変更を。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る