事務所の『Wi-Fi(無線LAN)』のつながりが悪いとか、遅いとか、今の『Wi-Fi(無線LAN)』環境に不満を持っている方、新しい方法を試されてはいかがでしょうか?

メッシュネットワーク

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

Wi-Fi(無線LAN)ルータの設置場所を移動してみたり、買い替えたりしても結局はダメだったという方、それならこれを試してみてはいかがですか?

Wi-Fiメッシュネットワーク』を。

Wi-Fiメッシュネットワークを使った改善

Wi-Fi(無線LAN)ルータに中継機を使って何とかしているところもあるでしょう。

しかし、中継機を使ったとしても設置場所の通信状態が良くなければ通信品質の改善はなかなか難しいと言えます。

また、中継機がダウンすれば大元のWi-Fi(無線LAN)ルータを頼るしかなくなります。

そこで、あの手この手を使っても改善されなかったところには『Wi-Fiメッシュネットワーク』がお勧めです。

Wi-Fiメッシュネットワークの場合、メイン(ベース)となるWi-Fi(無線LAN)ルータ、サテライト間、複数の機器が網の目状につながって電波を張り巡らすことや、メイン(ベース)のWi-Fi(無線LAN)ルータまでの経路が複数存在することで最も通信状態の良い経路を自動的に選択して接続することなどから、通信品質の改善がかなり期待できると言えます。

また、中継機の場合と違い1つのサテライトがダウンしたとしても他のサテライトに自動的に切り替わりますので、大元のWi-Fi(無線LAN)ルータに頼らざるを得ないこともなくなります。

機器は通常のものと比べて割高ではありますが、どうにもWi-Fi(無線LAN)環境が改善しないのであれば『Wi-Fiメッシュネットワーク』にしてみると良いでしょう。

Ads

// data-ad-format="auto" // data-full-width-responsive="true">

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋晋吾
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

この記事をシェアする

  • Facebookにシェア
  • はてなブックマークにシェア
  • LINEにシェア

関連記事

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る