Microsoft(マイクロソフト)が4月9日(米国時間)に公開した『2019年4月のセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)』において、一部のセキュリティソフトとの間に非互換問題が発生しています。

2019年4月月例パッチとセキュリティソフトの非互換問題

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

先日リリースされた『2019年4月のセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)』において、少々面倒なことが起きていますので今日はそれをお伝えします。

2019年4月月例パッチで非互換問題発生

さて、今回の非互換問題ですが、対象となるのは以下の『Windows OS』と『セキュリティソフト』の組み合わせにおいてです。

<Windows OS>

・Windows 7 SP1

・Windows 8.1

・Windows Server 2008 R2 SP1

・Windows Server 2012

・Windows Server 2012 R2

<セキュリティソフト>

・Sophos Endpoint Protection

(Windows OSの再起動後にシステムが応答しなくなる)

・Avira製セキュリティソフト

(Windows OSの再起動後にシステムが応答しなくなる可能性)

・Avast for Business / Avast CloudCare / AVG Business Edition

(ログイン画面またはウェルカム画面でデバイスが応答しなくなる)

以上の組み合わせにおいて問題が発生するか、問題が発生する可能性があります。

問題が解決するまでの間、Windows OSのアップデートは控えた方が良いでしょう。

また、Windows 10においては問題は起きていないようです。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る