米航空宇宙局(NASA)は7日、日本時間の午後に大規模な『太陽フレア』を2回観測したと発表しました。

太陽フレア

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

今朝の新聞、テレビ報道などにおいてご存知の方も多いかと思いますが、太陽の表面で起こる大規模な爆発現象『太陽フレア』が観測されました。

これにより、情報通信機器などへの影響が懸念されます。

太陽フレアによる影響とは

今回の太陽フレアは通常の1,000倍で規模は最大クラスとなり、人体への影響はないものの、通信機器、GPSなどへ影響を及ぼす可能性があります。

太陽フレアによって放出された粒子(プラズマ)が、日本時間の8日午後3時頃から9日の午前0時にかけて地球に届き、GPS(全地球測位システム)、また、地球の磁場や上空の電離層の乱れにより、短波放送や衛星放送、航空、船舶、防災無線などへの障害が、数日間~1週間程度懸念されます。

GPSを利用するスマートフォンやカーナビゲーションにおいては誤差が数十メートル程度まで大きくなってしまう可能性もあり、情報通信研究機構(NICT)などが注意を呼び掛けています。

(スマートフォンやカーナビゲーションには補正機能があるため、大きな影響はないようです。)

また、1989年の太陽フレアによって、大気中に異常な電流が流れた影響により、カナダで大規模な停電が発生するといったことも過去には起きています。

今日の15時以降に停電などが発生しても問題のないよう、予め可能なことは行っておくなどの準備をしておきたいところです。

取り急ぎは重要データをコマメにバックアップしておくことをお勧めします。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る