IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は3月19日、『中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン』を大幅改訂した『第3版』を公開しました。

中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン第3版

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

昨日、2年数ヵ月ぶりに大幅改訂された『中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン(第3版)』がIPA(独立行政法人情報処理推進機構)から公開されましたので、それをお伝えします。

中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン第3版

<概要>

「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」(以下「本ガイドライン」)は、情報セキュリティ対策に取り組む際の、(1)経営者が認識し実施すべき指針、(2)社内において対策を実践する際の手順や手法をまとめたものです。経営者編と実践編から構成されており、個人事業主、小規模事業者をも含む中小企業(以下「中小企業等」)の利用を想定しています。
 第3版は第2版(2016年11月公開)から2年4か月ぶりの大幅改訂で、「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」の改訂や、中小企業等を対象としたクラウドサービスの充実化などの環境変化を受けたものです。改訂のポイントは、専門用語の使用を可能な限り避け、ITに詳しくない中小企業等の経営者にとって理解しやすい表現としたことです。
 例えば実践編において、対策に取り組めていない中小企業等が組織的な対策の実施体制を段階的に進めていけるよう構成の見直しを行ったことです。また、クラウドサービスを安全に利用するための留意事項やチェック項目を記し、付録として新たに「中小企業のためのクラウドサービス安全利用の手引き」を追加しました。
 中小企業等ではITの利活用が進む一方で、サイバー攻撃手法の巧妙化、悪質化などにより事業に悪影響を及ぼすリスクはますます高まってきています。 また、サプライチェーンを構成する中小企業においては発注元企業への標的型攻撃の足掛かりとされる懸念も指摘されており、早急な対策実施が必須であると言えます。
 本ガイドラインおよび「SECURITY ACTION」制度の活用によって、ITを利活用している中小企業が情報セキュリティ対策に取り組み、経済社会全体のサイバーリスク低減につながることを期待しています。

このように、昨今の『サイバー攻撃の巧妙化』や『中小企業などにおけるIT環境の変化』などを受け、『経営者が認識し実施すべき指針』、『社内において対策を実施する際の手順や手法』などがわかりやすくまとめられています。

改めて確認し直す良い機会でもありますので、是非読んでみて下さい。

中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン第3版(全62ページ、7.00MB) /PDF』

・付録1:『情報セキュリティ5か条(全2ページ、726KB) /PDF』

・付録2:『情報セキュリティ基本方針(サンプル)(全1ページ、34KB) /Word』

・付録3:『5分でできる!情報セキュリティ自社診断(全8ページ、3.9MB) /PDF』

・付録4:『情報セキュリティハンドブック(ひな型)(全10ページ、212KB) /PowerPoint』

・付録5:『情報セキュリティ関連規程(サンプル)(全50ページ、171KB) /Word』

・付録6:『クラウドサービス安全利用の手引き(全8ページ、2.8MB) /PDF』

・付録7:『リスク分析シート(全5シート、92KB) /Excel』

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る