『平成30年7月豪雨』と命名された西日本の豪雨などの災害時において、iPhoneでは『緊急SOS』が役立つ場合があります。

また、日本時間の今日、iOSデバイス向けの最新OS『iOS11.4.1』が配信を開始しました。

iPhone緊急SOSとiOS11.4.1

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

さて、今日はiPhone、iOS関連の話題を2つお届けします。

iPhoneの緊急SOSとは

まずは『緊急SOS』の話題から。

iPhoneでは、iOS11から『緊急SOS』という機能が搭載されています。

これは、iPhoneのサイドボタンを5回連打(iPhone8以降はサイドボタンと音量調整ボタンの片方どちらかを一緒に長押し)することで110番や119番などへの緊急通報が発信されるというもので、それと同時に位置情報も自動的に送られます。

位置情報に関しては、普段オフにしている場合であっても一時的にオンの状態に自動的に切り替わりますので、予め位置情報をオンにしていなくても問題ありません。

iPhoneから『設定』⇒『緊急SOS』⇒『自動通報』を『オン』にすれば機能するようになります。

カウントダウンにおいて警告音が鳴るようにしたければ、『カウントダウンで音を出す』も『オン』にしておきます。

また、ヘルスケアアプリの『メディカルID』を使い、別途、家族などへ位置情報をテキストメッセージで自動送信することも可能です。

iOS11.4.1にてUSBアクセサリ接続を制限

次に『iOS11.4.1』に関する話題です。

今回リリースされた『iOS11.4.1』では、『USBアクセサリ接続』を制限する設定が追加されました。

これは、先月あたりにAppleがアナウンスしていた、USB機器によるロック解除を制限するもので、初期設定では『iPhoneがロックされてから1時間以上経ったときにUSBアクセサリを接続できるようにするにはiPhoneのロックを解除します。』とあり、設定上で『オフ』のままにしてあれば、ロックが有効になってから1時間以上経過するとMacやPCなどにUSB接続しても認識されないというものです。

もちろん、画面にはロックを解除する通知が表示されるため、本人であれば直ぐに解除可能ですが、パスコードを知らない第三者は、ロック解除システムを使ってもロックを解除できない機能であるとされており、セキュリティ強化の一環として搭載された機能としてアナウンスされています。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る