日本は諸外国に比べて『iPhone』の利用率が非常に高い国です。

その中の一人である『iPhone』ユーザーの方、Wi-Fi(無線LAN)が何故か意図するものに接続されないことはありませんか?

Wi-FiのSSID

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

Wi-Fi(無線LAN)には必ず『SSID(Service Set Identifier)』という識別子があります。

冒頭に書いたことでお悩みの方、一度『SSID』を変更してみると良いかもしれません。

iPhoneが優先するWi-FiのSSIDとは

まず、Appleのサポートページには『iOS が自動接続するワイヤレスネットワークの決定方法』として以下のように書かれています。

iOS デバイスはサービスセット識別子 (SSID) を評価し、自動接続するネットワークを判定する際、以下の順序でネットワークへの接続を試みます。

1.「よく利用する」ネットワーク

2.最近接続したプライベートネットワーク

3.プライベートネットワーク

4.公開ネットワーク

また、このようにも書かれています。

既知のネットワークは、ユーザの操作内容に応じて、「スコア」が付けられます。SSID に手動で切り替えた場合、そのスコアが上がります。手動で SSID から切断した場合、そのスコアは下がります。「よく利用する」ネットワークのスコアは高くなります。

iOS で上記の基準を評価した後も、複数のネットワークが残る場合は、SSID にセキュリティレベルに応じた優先順位が付けられ、以下の順序に従って選択されます。

1.プライベート EAP

2.プライベート WPA

3.プライベート WEP

4.プライベート セキュリティ保護されていない/公開

5.公開 HS2.0/Passpoint

6.公開 EAP

7.公開 WPA

8.公開 WEP

9.公開 セキュリティ保護されていない/公開

さて、今日お伝えしたいのはここからです。

iPhoneなどのiOSデバイスの場合、Wi-Fiが自動接続される時の優先順位として『SSIDの頭文字の昇順』というルールが存在するとされています。

これは、接続可能なWi-Fiが複数あった場合、SSIDの頭文字が『0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z』の順番で自動接続されるというものです。

これを意識したのか?と思えるSSIDが使われているものとして、『0000docomo/0001docomo』や『001softbank/002softbank』、『00000JAPAN』などがあります。

このように、複数のWi-Fiが存在する環境下において意図するものに接続されない場合はSSID名を『0から始まるもの』にしてみると効果があるかもしれません。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋晋吾
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る