皆さん、こんにちは。

業務コンサルタントの高橋です。

介護

皆さん、親の介護保険料はどのように決定されるのか知っていますか?

これ、少々違和感を覚える決め方をしています。

同居している世帯の収入で決めているのです。

どういうことなのか?

例えば、母親と自分と妻で暮らしている場合、その3人の収入合計から介護保険料を

決定されることになります。

どういう意味か?

自分と妻の収入合計が多いほど母親の介護保険料が高くなる(上限はありますが)

ということです。

違和感を感じませんか?

母親が支払う介護保険料は、母親の状況だけで判断されるわけではないのです。

世帯の収入合計にて判断された結果が、母親が支払う介護保険料として跳ね返って

くるのです。

しかし、これに対する裏ワザはあります。

世帯分離することです(積極的におすすめするものではないのでご注意を)。

通常このケースの場合、母親・自分・妻は同一の世帯として住民登録されています。

そこから、母親を別世帯として分離してしまうのです。

同居している母親と別々にできるのか?

前提として、生計が別々であるということがありますが、それに対する細かな調査は

ありません。

自己申告的な話しです。

この制度、親の介護保険料だけでなく、実際に介護される際の介護費用にも

影響してきます。

介護費用の負担額が減少します。

ここで疑問に思っている方もおられると思います。

所得税の扶養控除が受けられなくなるのではないか?

世帯が分かれていても、扶養に対する要件を満たしていれば扶養控除の対象に

なります。

ここまでメリット的なことを書いてきましたが、デメリットがないわけではないです。

健康保険が別になりますので、その負担が発生するケースがあったり、他にも優遇

措置が受けられなくなるものがあります。

結論としては、まずご自身で影響範囲を確認してみることです。

何にどれくらい影響するのかを。

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る