昨日、システムメンテナンスツールの『CCleaner』&『CCleanerCloud』が改ざん被害にあっていたことが明らかになりました。

システムメンテナンス

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

さて、不要なファイルとかのお掃除をしてくれるシステムメンテナンスツールの『CCleaner』ですが、先月公開されたバージョンにおいて改ざん被害にあっていたことが明らかになりました。

では、早速詳細を見ていきましょう。

CCleanerとCCleaner Cloudの改ざん被害

CCleanerとCCleaner Cloudが改ざん被害にあったのは、

・CCleaner:V5.33.6162(8月15日公開)

・CCleaner Cloud:V1.07.3191(8月24日公開)

の2つです。

これにはマルウェアウイルスが含まれていることが確認されており、コンピュータ名、使用しているソフトの一覧、実行中のプロセス、ネットワークアダプタのMACアドレス、システム情報などが外部サーバに送信される仕組みになっています。

また、これには有効なデジタル署名が施されており、開発プロセスか署名プロセスの一部が乗っ取られた可能性もあるようです。

現在、CCleanerはv5.33がダウンロードサイトから削除されて最新版はv5.34になっており、CCleaner Cloudは修正版のv1.07.3214が配信されていますので、問題のあるバージョンを使っている方は直ぐに新しいものにした方が良いです。

このように、便利に使えるシステムメンテナンスツールにおいても改ざんなどの被害にあっていることがあります。

セキュリティソフトでチェックを行ってから使用するなど、使用時には注意が必要です。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る