ウェブサイトにおける企業情報ページや店舗情報ページでよく使われる『Google Maps』ですが、『Google Maps API』を使った表示の場合、今後のルールに変更がありました。

Google Maps Platform API Checker

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

以前からウェブサイトによく使われている『Google Maps』ですが、『Google Maps API』を使って地図表示をされているサイトは注意が必要です。

Google Maps APIで地図表示されない

Googleは、『Google Maps Platform』という新しい地図サービスを7月16日(当初の6月11日から延期)から提供します。

それに伴い、従来の『Google Maps API』を使って地図表示をしている場合、以下のようなルール変更があります。

1.APIキーが必須になる

2.料金プランが新しくなることにより、ケースによっては料金が発生する場合がある

昨今においては、住所がわかればスマートフォンでも地図表示はできますので、地図表示をしておくにしても、シンプルにGoogle Mapsの共有機能にある、『地図を埋め込む』から『iframe』のHTMLコードを該当ページに埋め込んでおくだけの場合も多いです。

もし『Google Maps API』を使っているならば、その部分を『iframeによる地図の埋め込み』に変更されることの方が良いかもしれません。

どうなっているのか不明な場合、Chromeブラウザの拡張機能で『Google Maps Platform API Checker』というチェックツールがありますので、それにて対応の可否がわかるようになります。

この拡張機能では、アドレスバーの右にピンマークが表示され、以下の3つのうち、いずれかの表示になります。

1.緑:APIキーの登録・設定がされている

2.赤:APIキーの設定がない可能性がある

3.グレー:APIは使われていない

まもなく変更になりますので、地図表示がされなくなる前に変更を。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る