Googleは先週、モバイルフレンドリー、スマートフォン向けウェブサイトの表示速度、パソコン向けウェブサイトの表示速度を判断できる『Mobile Website Speed Testing Tool』を公開しました。

モバイルウェブサイトスピードテスティングツール

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

今まで、Googleのツールにてウェブサイトのスピード測定などを行おうとした場合、『PageSpeed Insights』というツールが提供されていましたが、これに加え、新たに『Mobile Website Speed Testing Tool』というツールが公開されました。

実際にテストを行うと下記のように結果が表示されます。

測定結果

(このブログのスコアは、MOBILE FRIENDLINESS:99、MOBILE SPEED:85、DESKTOP SPEED:88と、何とか3つとも”GOOD”になってくれています(笑))

Mobile Website Speed Testing Toolとは

この新たなMobile Website Speed Testing Toolでは、従来のモバイルフレンドリーテストとPageSpeed Insightsをまとめたようなツールになっています。

従来のモバイルフレンドリーツールでは、そのウェブサイトがモバイルフレンドリーかどうかの判定だけでスコアは出ませんでした。

また、PageSpeed Insightsではそのウェブサイトの表示速度をモバイル、パソコン、それぞれをスコアかして修正点を教えてくれていました。

そして、今回はそれらをまとめ、かつスコア化してくれるツールが登場したということです。

さて、これらが意味するものは何でしょうか?

Googleのモバイルツールが意味するもの

これらのように、モバイルフレンドリーであるか否かであったり、モバイルスピード、つまりスマートフォン向けウェブサイトの表示速度が良いかどうかも意識させるとういことは、ますます『モバイル向けのウェブサイトに対してもユーザーに優しいものであることを意識した方が良いですよ!』と言っているように感じます。

現に、Googleが公開している『Google Small Business』という公式ブログでは、このツールについてユーザーの離脱率傾向が高いモバイル向けサイトのパフォーマンスをチェックし、それを改善するためのツールとしていることがうかがえます。

モバイルデバイスが相当普及した今、当然ながらユーザーがモバイルデバイスにてウェブサイトを閲覧する機会が増えてきました。

つまり、ユーザーに優しいウェブサイトであるためにはモバイルデバイスにも優しい構造になっていないと厳しい時代になっているということでしょう。

これを機会に、ウェブサイトの見直しも業務改善事項の1つに加えてみてはいかがでしょうか。

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る