Googleは、Chromeブラウザにおいてパスワードやクレジットカード情報を入力するウェブページがHTTPS化(暗号化)されていない場合は警告表示をする取り組みを既に始めていますが、今後、益々それが強化されていきます。

Chromeブラウザの表示

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

Googleが2017年4月27日付けのセキュリティブログに投稿した記事によると、Chromeブラウザのセキュリティ判定は、今後益々厳しいものになっていくようです。

Chromeブラウザのセキュリティ強化

現在、Chromeのバージョンは58ですが、バージョン62において現状よりもセキュリティが強化されます。

通常モードの場合、現在のパスワードやクレジットカード情報に限らず、氏名、メールアドレス、電話番号など、何らかの情報を入力するページがHTTP(暗号化されていない)のままの場合、『保護されていない通信』として処理されるようになります。

また、Chromeのシークレットモードにおける場合はさらに厳しくなります。

シークレットモードの場合、すべてのHTTPページが『保護されていない通信』として表示されるようになります。

どちらも表示される位置はURLが表示されるアドレスバーの先頭に表示されるため、ユーザーには直ぐに目につく位置に表示されることになります。

バージョン62といってもそれほど遠い話しではなく、2017年10月リリース予定ですので、あと半年を切っています。

HTTPS化は直ぐにでも行うべし

『保護されていない通信』と表示されてしまった場合、ユーザーはどのように思うでしょうか?

ややもすると、危険なウェブサイトとして認識されてしまう可能性もあります。

特に事業者の場合、それは信用問題にもつながってしまうため、今直ぐにでもHTTPS化は行うべきでしょう。

昨今、これだけセキュリティ関連の問題が取りざたされる状況下において、当然ながらWebも例外ではありません。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る