IPカメラ、ルータ、無線ルータ、VoIP、IP電話、ウェブカメラ、デジタルビデオレコーダなどなど、IoTデバイスは多岐にわたり、それがまたマルウェアの感染機器ともなっている。

IoTデバイス

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

今の時代、あらゆるところにインターネットに接続されたIoTデバイスが存在し、それが便利なものとして活用されています。

しかし、便利であることとは裏腹に、リスクも増加しているのです。

IoTデバイスに存在するもの

そんなIoTデバイスに存在するものとして、Telnetというものがあります。

Telnetとは、ネットワークに接続された機器を遠隔操作するために使用するソフトウェア、またはそれを可能にするプロトコル(通信規約)のことを言います。

このTelnetは、すべての通信を暗号化せずに平文のまま送信するため、セキュリティ的な観点から考えるとリモート通信方法としての利用は推奨できないものですが、多くのIoTデバイスにはそれが存在します。

そして、さらに悪いことに、これらのIoTデバイスへのログインIDやパスワードがデフォルト(初期値)のまま使われていることが多いという現状もあります。

※ ログインIDやパスワードは、デフォルトが公開されているものも多くあるため、必ず変更しておく必要がありますが、IDなどは固定化されてしまっているものもあるため脆弱です。

IoTデバイスにおいてすべきこと

IoTデバイスにおいて最低限やっておきたいこととしては以下のことがあります。

1.Telnetは原則止めておく(Telnetポートを閉じておく)

2.IDやパスワードをデフォルトから変更しておく

3.脆弱性修正やファームウェア更新は必ず行う

また、ある実験結果によると、IoTデバイスがマルウェアに感染してしまった場合に以下の方法で駆除に成功したという事例もあるようです。

1.IoTデバイスを再起動

2.主電源を切る

3.工場出荷時の状態に戻す

これを行うことによって駆除に成功したデバイスもあるため、万が一の際は行ってみるのも1つの手でしょう。

ただし、工場出荷時に戻した際は機器設定がデフォルトに戻ってしまうため、再設定を行う必要があります。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る