Google(グーグル)は、『Chromeウェブストア』での『Chrome Apps』のセクションを終了しました。

PWA

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

冒頭に書いた通り、Google(グーグル)は『Chrome Apps』のセクションを削除しました。

これにより、今後は新たな方向へ向かいます。

Chrome AppsからPWAに移行される

今回Googleが『Chromeウェブストア』で『Chrome Apps』のセクションを削除したのは、『Chrome for Android』で既に対応している『PWA』にデスクトップにおいても対応することを意味しています。

『PWA』というのは『Progressive Web Apps』の略で、WEBページにおいてネイティブアプリのようなUX(user experience)を提供するためのものです。

来年、2018年の中旬にはPWAの機能を提供し、ユーザーがウェブアプリをデスクトップにインストールして、アイコンやショートカットで起動できるようにしようとしています。

これは、前述の通り既にスマートフォンにおいては始まっており、今回はデスクトップにおいても同じ方向性に進むということです。

さて、デスクトップ向けのPWAはどのように普及していくのでしょうか?

今後の動向を見守りたいところです。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る