Microsoft(マイクロソフト)は2019年3月1日(米国現地時間)、CPUの投機実行の脆弱性の1つである『Spectre Variant 2』に関して、脆弱性を緩和する対策『Retpoline』を『Windows 10 1809(October 2018 Update)』向けの累積アップデート(KB4482887)に含めてリリースしました。

CPU

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

昨年の今頃、CPUの脆弱性問題が話題になっていたことを覚えていますでしょうか?

その中の1つ、『Spectre Variant 2』への緩和策が『Windows 10 1809(October 2018 Update)』向けにリリースされましたのでご紹介します。

Spectre Variant 2 への緩和策 Retpoline

さて、数日前にWindows Updateなどにてリリースされた『Windows 10 1809(October 2018 Update)』向けの累積アップデート(KB448287)に含まれる『Spectre Variant 2』への緩和策ですが、これにはGoogleが開発した『Retpoline』と呼ばれる技術が含まれており、この緩和策を有効にすることで『パフォーマンスが向上する可能性がある』とされています。

従来の緩和策の場合はかなりのパフォーマンスダウンが見られたとされていますが、この『Retpoline』を用いた緩和策の場合、最大でも1.5%程度しかパフォーマンスはダウンしないとGoogleは伝えています。

ただし、現段階では『Retpoline』はデフォルトで無効の状態となっているようで、今後、段階的に『Retpoline』を有効にしていくとアナウンスしています。

また、Windows 10の中でも『1809(October 2018 Update)以降のみ』が実装対象となり、対象となるCPUは『AMD(すべて)』、『Intel(Broadwell以前のみ)』で、Skylake以降のIntel CPUは対象外とされています。

ご参考までに。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る