Mozillaが、Webブラウザ『Firefox』の最新安定版である『Firefox 55』をリリースしました。

今回のバージョンでは、かなりの改善が見られます。

Firefox

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

とうとうMozillaのFirefoxも64bit対応になりました。

もちろん、64bit環境下において64bit版がインストールされるようになり、32bit環境下では32bitのままです。

(64bitは2GB以上のメモリ搭載が前提)

では、Firefoxはどのように変化したのでしょうか?

Mozilla Firefoxにおける変化

まず、Firefox 55では大幅にパフォーマンス向上が図られています。

旧バージョンのFirefox 51あたりでは1,691個のタブを復元するのに8分近くかかっていたようなのですが、今回のFirefox 55では、たった15秒で復元されるようです。

また、メモリの消費量も大幅削減されているようで、4GB以上のメモリを搭載した64bit版においては32bit版に比べて39%もクラッシュが減少するようです。

随分前になりますが、GoogleのChromeも64bit版が登場した際、かなりのパフォーマンス向上となりました。

MozillaのFirefoxにおいてもやっとストレスフリーになる感じです。

ただし、業務上の都合(事業者向けインターネットバンキングなど)でFirefoxのESR版を使われている方にはGoogle Chromeの64bit版をお勧めします。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る