アプリケーションを起動させた際、『×データベースへ接続できません。』と出てしまう原因は『ファイアウォール』です。

データベースへ接続できません。

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

冒頭に書いたエラーメッセージ、これは正に『×データベースへ接続できません。』という言葉そのものです。

『ファイアウォール』で許可されていないためにデータベースにアクセスできないということです。

では解決方法は?

ネットワーク接続にはポート開放が必要

まず、スタンドアロン環境でアプリケーションを動かしている場合においては概ね問題は起きません。

今回の例としては『ネットワーク環境』におけるものとしてご説明します。

例えば、データベースに『Microsoft SQL Server』を使用している場合、そのデータベースが設置されているコンピュータにおいて以下の状態になっている必要があります。

1.SQL Server構成マネージャーで該当インスタンスのプロトコル『TCP/IP』が『有効』になっていること

2.Windows Defender ファイアウォールの詳細設定で受信の規則として『TCP 1433ポート』がポート接続を許可されていること

また、環境によっては以下の部分も必要になることがあります。

3.SQL Server構成マネージャーでSQL Serverのサービスにある『SQL Server Browser』が実行されていること

4.Windows Defender ファイアウォールの詳細設定で受信の規則として『UDP 1434ポート』がポート接続を許可されていること

5.Windows Defender ファイアウォールの詳細設定で受信の規則として該当インスタンスの『sqlserver.exe』がプログラム接続を許可されていること

といったことがあります。

まずは順番に確認すれば問題なく接続できるようになるでしょう。

Ads

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋晋吾
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

この記事をシェアする

  • Facebookにシェア
  • はてなブックマークにシェア
  • LINEにシェア

関連記事

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る