2017年6月27日、ウクライナ、ロシア、ヨーロッパなどの世界各地で新たなランサムウェア攻撃が発生しました。

これにより、政府機関や大手企業などのシステムに障害が出ているようです。

ランサムウェア

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

先月、『ランサムウェアが世界的に猛威』という記事にて、身代金要求型ウイルス、ランサムウェアによる世界的な大規模サイバー攻撃に関する記事を書きましたが、またしても大規模なサイバー攻撃がヨーロッパを中心に発生しました。

ランサムウェア『Petya』の新しい亜種

今回の大規模なサイバー攻撃も、身代金要求型ウイルスで知られるランサムウェアの1つであることには変わりがありませんが、先月の『WannaCry』とは別の『Petya』と呼ばれるものの新しい亜種によるもののようです。

米国のセキュリティ機関によると、この『Petya』も『WannaCry』と同じようにMicrosoft Windows 脆弱性を突いたものである可能性が指摘されています。

これにコンピュータが感染した場合、英語で『あなたの大切なファイルは暗号化されました』という画面が表示され、復号化するために仮想通過ビットコインで$300程度の身代金を支払うよう要求されるようです。

まだ日本においては被害が出ていないようですが、いつも通りまずはWindows UpdateなどによってWindowsを最新の状態にし、ウイルス対策ソフトに関しても最新の定義ファイルにアップデートしておく必要があります。

また、重要なデータはバックアップを取得しておくことを徹底しておきたいところです。

445/TCPポートを閉じる方が良い?

前述した通り、今回の大規模サイバー攻撃もMicrosoft Windowsの脆弱性を突いたものである可能性が指摘されていますが、この脆弱性はWindows SMB(Server Message Block)のことで、通信ポートは445/TCPポートが使われています。

また、先月の大規模サイバー攻撃以降、ランサムウェア『WannaCry』に感染したPCからの感染活動とみられる445/TCPポート宛ての不審な通信パケットが増加していることもあり、Microsoft Windows が稼動しているサーバをインターネット上に公開している場合には、可能であれば445/TCPポートを閉じてしまうことが望ましいかもしれません。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る