『パソコンのハードディスクがいっぱい!』とか、『サーバの容量が足りない!』とか、電子データを保管し続ければどこかで容量が不足するのは当然の話しです。

分類して整理整頓

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

さて、冒頭に書いたハードディスク容量に関する話しですが、これは単純に物理的な話しですので必ずどこかでいっぱいになってしまいます。

そして、それはどのように整理するか?によるのではないでしょうか。

ハードディスク容量の不足

事業者にとっては廃棄できないデータが多く存在する場合があります。

では、パソコン、サーバ、NAS、クラウド上のストレージなど、容量がいっぱいになってしまった場合はどうするか?

単純に整理整頓するしかありません。

そのデータは日常的に使用されるものなのか?

1年に1度も見ないものなのか?

どういう分野のものなのか?

etc…

それらをわかりやすく分類すれば良い話しです。

もちろんコストは掛かります。

しかし、これは整理しなくても同じようにコストは掛かります。

であれば、日常的に使わないものは他の専用ディスクに移動させてしまうなどすれば良い話しです。

ただし、他の専用ディスクなどに移動する際には予め分類して整理しておくことです。

そうしないと後々非常に苦労することになります。

また、分類されたものの管理表を作成しておけば、どのディスクのどのフォルダに移動させているかが直ぐにわかりますので、それは作成しておくことがお勧めです。

これを読まれた方はおそらく『当たり前のこと』と思われると思います。

しかし、皆さん長年放置されたまま手を付けないのでそうなっていることが多いのです。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る