ペンギンアップデートとは、Google検索におけるアルゴリズムのアップデートの1つで、ウェブのスパム行為やガイドラインに著しく違反しているウェブページに対して検索結果の順位を下げるものです。

ペンギン

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

確か、前回Googleがペンギンアップデートを実施したのが2014年の10月あたりだったかと思います(ペンギンアップデート3.0)が、先週末、Googleはウェブマスター向け公式ブログにて『PenguinがGoogleのコアアルゴリズムの一部になりました』とアナウンスしました。

ペンギンはリアルタイム更新に

人の手を介して手動で行われてきたペンギンアップデートは、今回の更新によってアルゴリズムがコアアルゴリズムの一部として組み込まれ、オートマチックなリアルタイム更新となりました。

(パンダアップデートも今はコアアルゴリズムに組み込まれています)

これでどちらもコアアルゴリズムに組み込まれ、すべてがオートマチックなリアルタイム更新となったわけです。

ペンギンでさらにきめ細かい対応

ウェブマスター向け公式ブログを見る限り、

新しいPenguinでは、スパムに対して、サイト全体に影響を与えるのではなく、スパムのシグナルに基づいてランキングを調整するようになりました。

とあります。

これにより、評価の影響がそのサイト全体に及んでしまうことはなくなったようで、該当しているページに対するものとして、より細かく対応されるようになったようです。

しかし、そもそもペンギンのアルゴリズムが影響するのはスパム行為を行っているウェブサイトが対象ですので、まともに運営しているウェブサイトにとっては関係のない話しです。

これに惑わされることなく、正しいやり方で運営されれば何も問題は起きません。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る