数日前、PHP5.6系のパフォーマンスUpという記事にて、PHP5.6系のパフォーマンス改善に関して触れました。

PHP5.6系パフォーマンスチューニング2

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

さて、今日は数日前にご紹介したPHP5.6系のパフォーマンス改善の続きです。

前回はPHPのコア部分に関するチューニングでしたが、今日は拡張機能部分に関してご紹介します。

PHP5.6系のパフォーマンスチューニング2

前回のコア部分では、以下の3つのことに関して触れました。

1.『output_buffering』

2.『memory_limit』

3.『replath_cache_size』

これにプラスαで、『OPcache』や『APCu』が使える(編集可能)のであれば、それも使ってみると良いです。

では、『OPcache』から。

『OPcache』が使える(編集可能)場合、以下のようにphp.ini(.user.ini)を編集してみてください。

※ 他のシステムに影響を与えないようにしたい場合、可能な限り『.user.ini』を作成し、そこに記述することで全体への適用を避けられます。ただし、『PHP_INI_SYSTEM』項目はphp.iniでしか変更できません。また、サーバシステム側で制御されている場合には変更できません。

zend_extension = /path/opcache.so(例です)

opcache.enable = 1

opcache.enable_cli = 1

opcache.memory_consumption = 128

opcache.interned_strings_buffer = 8

opcache.max_accelerated_files = 4000

opcache.revalidate_freq = 60

opcache.fast_shutdown = 1

次に、『APCu』が使える(編集可能)場合、以下のようにphp.ini(.user.ini)を編集してみてください。

extension = /path/apcu.so(例です)

apc.enabled = 1

apc.enable_cli = 1

apc.shm_size = 64M

以上のような感じになります。

ただし、これらはCGI版(FastCGI版)での書き方になりますが、サーバがモジュール版PHPを採用しているのであれば『PHP_INI_SYSTEM』項目が大半ですので、.htaccessでの対応は不可となります。

つまり、モジュール版PHPが採用されている場合、サーバシステム側での設定のままということになります。

<参考>

『OPcache』は高性能なPHPアクセラレータで、パフォーマンスを向上させます。

『APCu』はユーザーキャッシュ機能を持ち、翻訳処理などの最適化処理に役立ちます。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る