多くのWEBサービスにCDNを提供している米国のCloudFlareは2017年2月23日(米国現地時間)、サーバのセキュリティ問題(バグ)により顧客のHTTPクッキー、認証トークン、HTTP POST本体などの機密データが流出し、その一部はGoogleやBingなどの検索エンジンにキャッシュされていたことを発表しました。

cloudflare

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

今の時代、多くの企業はCDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)サービスを使って負荷分散をしたりしていますが、そのCDNサービスの1つであるCloudFlare(クラウドフレア)において『Cloudbleed』と揶揄されるような問題が起きました。

※ 2014年に発覚したOpenSSLの脆弱性『Hearbleed』を思い起こさせることから『Cloudbleed』と呼びたくなると言われてしまったようです。

CloudFlareのバグによる影響

現在CloudFlareのCDNサービスは、Uber、FitBit、Feedlyなどをはじめとする世界550万以上の企業に使われています。

ということは、そのUber、FitBit、Feedlyなどのサービスを利用しているユーザーへの影響が想定されるということになります。

しかし、CloudFlareのバグは既に修正され、キャッシュされたデータについては、Google、Yahoo、Bingなどの協力もあり、既にパージ(一掃・抹消)されたとのことで、現時点において流出したデータが悪用されたという報告はないとしています。

ただし、一度は流出してしまったわけですから、念のためにご自身が使われているウェブサービスのパスワードを変更しておく方が良いでしょう。

※ GoogleやFacebook、Twitter、LINEなどは、Akamai(アカマイ)など、他社のCDNを使っているはずです。

影響を受けた可能性のある企業リストはGitHubが公開していますので、それにて確認が可能です。

CloudFlare使用サイトリスト by GitHub

CloudFlare公式ブログは下記のリンクからどうぞ。

Incident report on memory leak caused by Cloudflare parser bug

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る