ウェブサイトを公開する際、大半の人がレンタルサーバを借りて運用をスタートさせるわけですが、その中でもWordPressのようなCMSツールの多くではPHPの環境が必要になってきます。

また、そのPHPにはモジュール版、CGI版、FastCGI版と呼ばれるものが存在します。

php

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

冒頭にお書きしたPHPに関して何が言いたいかと申しますと、PHP環境がモジュール版であるのかCGI版であるのかなどによって違いが出てくるのです。

モジュール版とCGI版の違い

まずPHPのモジュール版とCGI版の違いですが、一言でいうとパフォーマンスが違います。

モジュール版はウェブサーバの拡張機能として動作し、CGI版はウェブサーバとは別のプロセスで動作させているため、モジュール版の方がスピードが出るわけです。

ただし、安全性などの観点からモジュール版を提供しているホスティング会社は少なく、大半はCGI版での提供となっています。

(少ないですがモジュール版を提供しているホスティング会社もあります。)

CGI版とFastCGI版の違い

次にCGI版とFastCGI版の違いですが、これも一言でいうとパフォーマンスが違います。

FastCGI版の場合、モジュール版と同じパフォーマンスとまではいきませんが、CGI版よりはかなり効率的に動作します。

強いて言えば、CGI版とモジュール版の中間的なところでしょうか。

ただし、FastCGI版で動作させるとうまく動作しないプログラムもありますので、どれでもFastCGI版にすれば良いというわけにもいきません。

PHPバージョンによる違い

モジュール版、CGI版、FastCGI版の違い以外にも、バージョンによる違いが出てくる場合があります。

ホスティング会社によって異なりますが、PHP4.x.x、PHP5.x.x、PHP7.x.xのうち、いずれかのものが固定で提供されている場合と、複数のバージョンが選択可能で提供されている場合がありますが、この中でもPHP7.x.xは結構パフォーマンスが良いです。

人によってはPHP5.x.xの2倍以上のスピードが出ると言われる方もおられますが、実質的には20%~30%程度の向上と見ておいた方が良いでしょう。

しかし、これもどのプラグラムもPHP7.x.xで動作させれば良いかというとそうではありません。

まとめ

結論として、PHP7.x.xがモジュール版として提供されているのが一番パフォーマンスが良いはずですが、現状では提供されていてもFastCGI版ですので、それにプログラムが対応しているのであればPHP7.x.xのFastCGI版が提供されているホスティング会社が良いかもしれません。

(実際にテストしたところ、モジュール版のPHP5.6.2よりもFastCGI版のPHP7.0.7の方がパフォーマンスが良い結果になりました。)

ここまでパフォーマンスに対して言及する理由として、ウェブサイトに求められるパフォーマンスの問題(特にスマートフォン向けサイト)が先々には影響してくるであろうということからです。

ご参考までに。

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る