昨日の『iPadOSの登場とiOS 13の機能』という記事にて『iPadOS』と『iOS 13』について触れましたが、その中でご紹介した『Sign in with Apple』という機能はいったいどのような機能なのでしょうか?

機密保持

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

さて、昨日に引き続き少々ラフ目になりそうですが、今回の『WWDC2019』で発表された『iOS 13』の新機能の中に『Sign in with Apple』というものがあります。

今日はこれについてお伝えします。

Sign in with Appleで秘匿される

この秋にリリースされる『iOS 13』の機能『Sign in with Apple』は、ログイン認証でよく見かける『Sign in with Google』や『Sign in with Facebook』と見た目は同じログイン認証用の機能です。

ただし、GoogleやFacebookとは少々考え方が違います。

『Sign in with Google』や『Sign in with Facebook』も一応『匿名』ではありますが、彼らの場合は『広告表示』のために個々の利用情報を取得して使っています。

しかしAppleは違います。

Appleはユーザーのプライバシーを取得しようとはしません。

今回発表された『Sign in with Apple』はユーザーの本来のメールアドレスを渡しません。

ランダムに生成されるメールアドレス『xxxxxxxxxx@privaterelay.appleid.com』といったメールアドレスが渡されます。

このランダム生成されるメールアドレスはそのローカルユーザーのみと紐づけされる仕組みになっているため、本来のメールアドレスを渡さなくて良いのです。

そして、パスワードは『iCloudキーチェーン』が管理してくれます。

ブラウザに『Safari』を使っていれば強固なパスワードが提案され、そのパスワードも管理してくれますので何も考える必要がありません。

今回感じるのは、やはりAppleはGoogleやFacebookとは違うということを改めて認識させてもらったような気がします。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋晋吾
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る